恐ろしいドッグフードの添加物一覧

かなちゃん
そういえば、添加物はワンちゃんの健康に良くないと聞いたのですが、実際にどんな種類の添加物があるのでしょうか?
めぐみ先生
では、この記事では添加物の種類や、その危険性について説明しますね!

犬の健康を作るものは、毎日の食事

犬の健康を作るものは、毎日の食事
ドッグフードの添加物は、大きく分けて2種類あります。1つは天然由来の添加物、2つ目が化学合成物由来の添加物です。
では、それぞれの添加物について説明していきます。

犬のドッグフードの添加物①天然由来の食品添加物

天然由来の添加物の代表例は、ローズマリーやハーブなど。
そんな天然由来の添加物のメリットは、安全性の高さです。天然由来である分、ワンちゃんの体に害を及ぼすことは少ないのです。
一方で、効果の低さがデメリットとして挙げられます。そして、効果が低い分、コストもかさむため、飼い主さんにとっては悩みどころでしょう。
とはいえ、できるだけ天然由来の添加物を使用しているドッグフードを選ぶことで、ワンちゃんの健康につながりますよ。

ドッグフードの添加物②化学合成物由来の食品添加物

続いて、化学合成物由来の添加物について説明します。その名の通り、化学合成物由来の添加物とは、化学合成によって作られた添加物を指します。
そんな化学合成物由来の添加物のデメリットは、ワンちゃんの健康を害する可能性があるということです。中には、発がん性の疑いがあるものも。
ところが、これほど危険な化学合成物由来の添加物でも、扱う業者は少なくありません。その理由は、圧倒的に低コストであるからです。
いくら安いドッグフードでも、本当に安全かどうか、見極めてから購入してくださいね。

愛犬の健康を害する添加物一覧

愛犬の健康を害する添加物一覧
では、愛犬の健康を害する食物添加物は、一体どんなものがあるのでしょうか。できるだけ避けたい食品添加物を紹介します。

①酸化防止剤系の食品添加物

酸化を防止し、賞味期限をより長くするための添加物です。

没食子酸プロピル 日本ではバターなどにも使用されている添加物です。マウス実験では1.35g/Kg程度で半数が死亡という結果が出ています。
エトキシキン 日本では使用の許可が出ていませんが、海外では抗酸化剤として使用されています。海外のドッグフードを購入するときは、事前に確認しておきましょう。
BHA ブチルヒドロキシアニソールという有機化合物の略称です。体内に取り込むと、アレルギー反応やじんましんなどの原因になる場合があります。
BHT ジブチルヒドロキシトルエンという化合物の略称で、抗酸化剤として使われています。遺伝子異常を生じさせる可能性があるとされ、アメリカでは乳幼児用食品への使用は禁じられています。

②着色料系の食品添加物

色を鮮やかにすることで、見栄えをよくするための添加物です。とはいえ、犬は色の識別ができません。
そのため、この添加物を使用しているドッグフードは、人間からの見栄えをよくするために添加物を使用しているということ。本来意味のない添加物は、できるだけ使っていないドッグフードが良いですよね。
赤色3号 エリスロシンという合成着色料の一種です。日本ではかまぼこなどに使用されていますが、アメリカでは使用が禁止されています。
赤色40号 アルラレッドACという合成着色料で、タール色素に分類されます。鮮やかな赤色で、菓子や清涼飲料水菓子に使用されています。
赤色102号 ニューコクシンという合成着色料で、タール色素に分類されます。日本ではソーセージなどに使用されているものの、アメリカやベルギーなどでは使用禁止となっています。さらに、イギリスでは「注意欠陥多動性障害」の原因になりうると考えられています。
赤色105号 ローズベンガルと合成着色料で、タール色素に分類されます。着色料以外にも、光増感剤として用いられることもある添加物です。
青色2号 インジゴカルミンという合成着色料で、チョコレートや和菓子などに使われています。

③甘味料系の添加物

ワンちゃんの食いつきをよくするための添加物です。
ソルビートル ガムや飴によく使用されており、砂糖よりカロリーが低いというメリットがあります。しかし、イタリアではソルビートルを過剰摂取したことで死亡したという事故も。
キシリトール キシリトールは、カロリーが低く、虫歯予防にもなるため、人間にとっては良い添加物といえるでしょう。ところが、ワンちゃんにとっては腎不全や歩行困難の原因になりうる恐ろしい添加物なのです。
グリシリジン・アンモニエート ドッグフードには使用されていますが、人間用の食品には使用が禁止されています。
ビートパルプ サトウダイコンが原料の添加物で、人間にも使用されています。ところが、犬用となると、硫酸系薬物で抽出してからドッグフードに混ぜられます。薬物で抽出したものの安全性は疑ってしまいますよね。

④保湿性のある添加物

日本では人間用の食品でも麺類やコンビニのおにぎりなどに使用されています。しかし、中には海外では完全に使用禁止されているものも。
ドッグフードでは、特に半生のものに使用されていることが多いでしょう。
ソルビン酸カリウム ソルビン酸カリウムと亜硝酸ナトリウムが一緒に配合されていると、化学反応を起こし、発がん性物質を発生させる可能性があります。
増粘多糖類 食品に粘り気を与えてゼリー状にする添加物です。

発がん性物質が含まれる添加物も!?

発がん性物質が含まれる添加物も!?
発がん性物質が含まれる添加物は、こんなにもあるのです。
・ブチルヒドロキシアニソール(BHA)
・ジブチルヒドロキシトルエン(BHT)
・エトキシキン
・赤色2号
・亜硝酸ナトリウム
・ソルビン酸
・ソルビン酸カリウム
犬の死因ランキング1位はがん47%であることをご存知でしょうか、そんながんの発症の原因の1つに、添加物が挙げられます。上記の添加物は絶対に与えないようにしましょう。

まとめ

かなちゃん
添加物って、本当に知らないと恐ろしいですね。
めぐみ先生
そうなんです。また、半生タイプのドッグフードは食品添加物が多いので注意しましょう!
かなちゃん
そうなんですか!?
めぐみ先生
半生タイプのドッグフードは、ワンちゃんも食いつきがよくなるというメリットがあります。一方で、発がん性物質などが入った添加物が使用されていることもあるんですよ。
かなちゃん
そうなんですか!?ポッポには長生きしてほしいので、ドッグフードの添加物は本当に気をつけたいと思います

プレミアムドッグフード6選

ランキング 商品名 1日あたりの価格 グレインフリー・グルテンフリー 添加物 ライフステージ 原産国 こだわり 特典
第1位 約180円 グルテンフリー なし オールステージ 環境規制の厳しいニュージーランド
  • ・水分含有量が70%だから美味しい
  • ・高タンパク、低脂肪
お試しあり、定期便あり
第2位 約160円 グレインフリー なし オールステージ 品質管理の厳しいイギリス
  • ・チキンとサーモンが主原料だから美味しい
  • ・皮膚と被毛の健康にも効果的
定期便あり、まとめ買い割引、送料無料
第3位 約140円 グレインフリー なし オールステージ 品質管理の厳しいイギリス
  • ・栄養バランスの良さ
  • ・グルコサミン、コンドロイチンが、関節の強化に効果的
定期便あり、まとめ買い割引、送料無料
第4位 約150円 グルテンフリー なし 成犬・シニア犬 品質管理の厳しいイギリス
  • ・ラム肉が原材料だから、ほかのお肉だとアレルギーがある犬にオススメ
  • ・添加物を含まない
定期便あり、まとめ買い割引、送料無料
第5位 約160円 グルテンフリー なし オールステージ 品質管理の厳しいイギリス
  • ・高タンパク質
  • ・シニア犬は特に嬉しい、グルコサミンとコンドロイチン配合
定期便あり、まとめ買い割引、 送料無料
第6位 約120円 グレインフリー なし シニア犬 品質管理の厳しいイギリス
  • ・低カロリー、低脂肪ながら、高栄養価
  • ・チキンとサーモンで抜群のおいしさ
定期便あり、まとめ買い割引、送料無料