愛犬の年齢に合わせて、ドッグフードを変えるべき?

かりんちゃん
少しでも長くポッポと一緒に暮らしたいんです。どうしたら良いですか?
めぐみさん
それは、愛犬家にとっては、避けては通れない悩みですよね。そんなとき、私いつもオススメしていることは、毎日の食事を見直してあげることです。
かりんちゃん
できるだけ、高品質のドッグフードを選べばよいのですね!
めぐみさん
それももちろん正解だ。だが、それだけでは少し惜しいんだ。ただ高品質なドッグフードを選ぶのではなく、ワンちゃんの年齢も考えて選ぶ必要があるんだよ。
かりんちゃん
そんな難しいこと、初心者のわたしにできるでしょうか。
めぐみさん
安心してくださいね。初心者の方でも、最適なドッグフードを選べるよう、しっかり解説していきます!

犬は、年齢によって、食べるものが変化する

犬は、年齢によって、食べるものが変化する
「犬は、年齢によって食べるものが変化するって本当なの!?」

そう驚いた方も少なくないでしょう。しかし、人間に置き換えて考えてみてください。

人間も、赤ちゃんの頃は離乳食を食べ、歳をとるごとに歯ごたえのよい食事を好むようになります。そして、年老いてくると、だんだん歯も弱くなり、柔らかい食事に変化するのです。

ワンちゃんも、これとほとんど同じ。

ワンちゃんも、ミルク離れをしたら、生え始めたばかりの犬歯で噛む練習をしなくてはいけません。そのため、食べることができるのは、柔らかいもののみ。

そして、大人になっていくに連れて、カロリーが高く、歯ごたえのよい食べ物を好むようになります。

次第に、シニア犬になると、必要なカロリーが大幅に減少します。

むしろ、一気に大量の栄養をとると、身体の調子を崩してしまうのです。さらに、歯も弱っているため、食生活を大きく変える必要があるのですよ。

このように、人間と同様、ワンちゃんも年齢によって食生活を変えなくてはならないのです。

特徴①特徴②
幼年向けドッグフード生えたての犬歯でも食べやすい成長を促進するような原材料の配分
シニア犬ドッグフード胃にやさしい食材が使われているシニア犬ならではの栄養素が配合されている

幼年向けのドッグフード

幼年向けのドッグフード

では、幼年ワンちゃん向けのドッグフードを紹介します。幼年ワンちゃん向けのドッグフードの特徴は、主に2つあります。

1つは、生えたての犬歯でも食べやすいような工夫が施されています。

例えば、ミルクやぬるま湯などで溶かしやすいようになっています。ワンちゃんだけでなく飼い主さんにとっても嬉しい工夫ですよね。

2つ目は、幼年向けに成長を促進するような原材料の配分となっていることが挙げられます。

例えば、たんぱく質や脂質をたっぷり含んだ食材を使用していることが多いですよ。中には、骨を丈夫にするためいにグルコサミンやコンドロイチンを配合しているものも。

幼年のワンちゃんには、これらの特徴を抑えたドッグフードを選んであげましょう。

シニア犬向けドッグフード

シニア犬向けドッグフード

続いて、シニア犬向けドッグフードの特徴を2つ紹介します。

1つは、胃にやさしい食材が使われているこということ。

人間と同様、ワンちゃんも年をとると消化能力が低下します。そんなワンちゃんでも消化できるよう、野菜や果物などの胃にやさしい食材が使われていることが多いのです。

一方で、小麦などの穀物類は、胃に負担をかけてしまいます。そのため、シニア犬ドッグフードでは、使われていないことがほとんどです。

2つ目は、関節炎や骨折を防止するためのグルコサミンやカルシウムが配合されていることです。ほかにも、内蔵器官の健康を保つための食物繊維も多く含まれています。

このように、シニア犬ならではの栄養素が配合されていることも、シニア犬ドッグフードの特徴として挙げられるのです。

まとめ

かりんちゃん
幼年向けドッグフード、シニア犬ドッグフード、どちらもワンちゃんのためには、しっかり選ぶべきですね!
めぐみさん
それは、愛犬家にとっては、避けては通れない悩みですよね。そんなとき、私いつもオススメしていることは、毎日の食事を見直してあげることです。
かりんちゃん
ポッポは、まだ幼いので、幼年向けドッグフードを探したいと思います。
順位商品名オススメ度1日あたりの価格グレインフリー添加物ライフステージ原産国
第1位★★★★★約138円グレインフリーなしオールステージ日本
第2位★★★★★約234円グレインフリーなしパピー、成犬、シニア日本
第3位★★★★★約240円グルテンフリーなしオールステージ日本
第4位★★★★★約160円グレインフリーなしオールステージ日本
第5位★★★★★約180円グルテンフリーなしオールステージ環境規制の厳しいニュージーランド
第6位★★★★☆約160円グレインフリーなしオールステージ品質管理の厳しいイギリス
第7位★★★★☆約150円グレインフリ-なしオールステージ品質管理の厳しいイギリス
第8位★★★★☆約140円グレインフリーなしオールステージ品質管理の厳しいイギリス
第9位★★★★☆約182円グレインフリ-なしオールステージ品質管理の厳しいイギリス
第10位★★★★☆約120円グレインフリーなしシニア犬品質管理の厳しいイギリス
The following two tabs change content below.

めぐみ

ペットフード販売士のめぐみと申します。私は、10歳のシベリアンハスキーを飼っています。ドッグフードは愛犬の健康を左右するとても重要なものです。 どんなに医療が進んでいても、常日頃、健康を意識していることに越したことはありません。どんなドッグフードが良いのか、一方でどんなドッグフードは避けるべきなのか等、分かりやすく説明していきます。