ドッグフード以外に、愛犬に食べさせて良いもの・悪いもの

かりんちゃん
ワンちゃんって、毎日同じドッグフードで飽きないんでしょうか?
めぐみさん
もちろん、ワンちゃんも飽きてしまいますよ。
かりんちゃん
そんなとき、どうすればいいのですか?
めぐみさん
ドッグフード以外のものを与えて、気分転換してあげることがオススメです。しかし、何でもかんでも与えてはいけませんよ!
かりんちゃん
では、どんな食材なら与えてよいのですか?めぐみさん、教えてください!

犬の健康を作るものは、毎日の食事

犬の健康を作るものは、毎日の食事

「愛犬には、長生きしてほしい。」

そう願う飼い主の皆様に、質問です。愛犬の健康を維持するために、最も大切なことはなんでしょうか?

高級な栄養サプリメント?それとも定期的に病院に連れて行くことでしょうか?これらも効果はありますが、それより効果のあるものがあります。

それは毎日の食事です。

人間も、ほとんどの病気は、食生活などの生活習慣の乱れが原因と言われています。

それほど大事な毎日の食事を、軽く見てはいないでしょうか。そんな、毎日の食事を整えるために、質の良いドッグフードを選ぶことも重要です。

ところが、それだけ安心してはなりません。たくさん食べる愛犬が可愛くて、ついついドッグフード以外のものも与えていませんか?

ドキッとした飼い主の皆様、そんな皆様にワンちゃんがドッグフード以外に食べて良いもの、悪いものを紹介します。ワンちゃんのお腹は想像以上にデリケートですので、しっかり勉強しておきましょう。

ドッグフード以外に食べさせて良いものといけないもの

ドッグフード以外に食べさせて良いものドッグフード以外に食べさせてはいけないもの
果物(リンゴなど)ネギ、タマネギ、ニラなど
野菜(小松菜、ニンジンなど)大豆、小麦製品(パンなど)

①ドッグフード以外に食べさせて良いもの

早速、ドッグフード以外に食べさせてよいものを紹介します。まず、リンゴなどの果物はその代表例です。栄養が豊富なため、頻繁に与えても問題ありません。

さらに、小松菜やニンジンなどの野菜も、安心して与えることができますよ。これらは、たくさんの栄養素を含んでいるだけでなく、消化しやすい食材です。

そのため、ワンちゃんの栄養補助食品として最適だといえるでしょう。

とはいえ、あまりにやりすぎると、肥満の原因になってしまいます。ワンちゃんの体調を見つつ、ドッグフードの量も考えて調節していきましょう。

②ドッグフード以外に食べさせてはいけないもの

続いて、ドッグフード以外に食べさせてはいけないものを紹介します。まず、絶対に与えていけないものの代表例が、ネギ、タマネギ、ニラなどです。
これらは、「アリルプロピルジスルフィド」という化合物を含んでいます。これをワンちゃんが口にしてしまうと、貧血やめまい、吐き気の原因となってしまうのです。

また、パンや大豆なども与えるのは控えましょう。これらは、ワンちゃんが消化しにくい食材です。そのため、食べ過ぎるとお腹を壊してしまいます。

さらに、ワンちゃんによっては、アレルギーの原因にもなりかねません。十分に気を付けましょう。

ドッグフード以外を食べさせるときは、目的が大切

ドッグフード以外を食べさせるときは、目的が大切
ワンちゃんの基本の食事は、ドッグフードです。そこで、無闇に色んなものを与えてしまうと、体調を壊したり肥満の原因になってしまいます。
そのため、ドッグフード以外のものを与えるときには、その目的をはっきりさせておくと安心でしょう。そこで、ドッグフード以外のもを与える3つの理由を紹介します。

①栄養の補助

ドッグフードだけでは、植物性の栄養素やカルシウムなどが不足しがちです。そこで、ワンちゃんの体調に合わせてそれらの栄養素を補うために与えることは良いでしょう。

②ストレス解消

雨でなかなか散歩できないときや、室内犬の場合は、ワンちゃんのストレス解消のためにドッグフード以外を与えると良いでしょう。よくある例が、ボーンです。ボーンは、ストレス解消には最適な食べ物といえるでしょう。

③食事を楽しめるようにするため

幼いワンちゃんの場合、食事の楽しさを知らない子も多いでしょう。そこで、「食べる」ことの喜びを覚えてもらうためには、ドッグフード以外のおやつなどを活用することがオススメです。

まとめ

かりんちゃん
ネギやタマネギ、ニラは絶対ダメだなんて、初めて知りました知りました!
めぐみさん
なかなか知る機会はないですもんね。
かりんちゃん
めぐみさんに教えてもらっておいて良かったです。また、リンゴはオススメとのことなので、たくさんあげたいと思います!
めぐみさん
そうですね。リンゴはカロリーが低いのに栄養豊富なので、良い食材ですよ!とはいえ、あげすぎては肥満の原因になりますので、ほどほどにしてくださいね!
順位商品名オススメ度1日あたりの価格グレインフリー添加物ライフステージ原産国
第1位★★★★★約138円グレインフリーなしオールステージ日本
第2位★★★★★約234円グレインフリーなしパピー、成犬、シニア日本
第3位★★★★★約240円グルテンフリーなしオールステージ日本
第4位★★★★★約160円グレインフリーなしオールステージ日本
第5位★★★★★約180円グルテンフリーなしオールステージ環境規制の厳しいニュージーランド
第6位★★★★☆約160円グレインフリーなしオールステージ品質管理の厳しいイギリス
第7位★★★★☆約150円グレインフリ-なしオールステージ品質管理の厳しいイギリス
第8位★★★★☆約140円グレインフリーなしオールステージ品質管理の厳しいイギリス
第9位★★★★☆約182円グレインフリ-なしオールステージ品質管理の厳しいイギリス
第10位★★★★☆約120円グレインフリーなしシニア犬品質管理の厳しいイギリス
The following two tabs change content below.

めぐみ

ペットフード販売士のめぐみと申します。私は、10歳のシベリアンハスキーを飼っています。ドッグフードは愛犬の健康を左右するとても重要なものです。 どんなに医療が進んでいても、常日頃、健康を意識していることに越したことはありません。どんなドッグフードが良いのか、一方でどんなドッグフードは避けるべきなのか等、分かりやすく説明していきます。